ホーム > 活動計画・実績

活動計画

  • 日本化学会春季年会「特別企画」でのシンポジウムの実施
  • 定期領域会議の開催(年1~2回)
  • ミニシンポジウムの開催(年1回)
  • 広報(ホームページ作成など)
  • 「研究会」設置申請および連携研究事業発足の検討

活動実績

2017/09/10-11
2017年電気化学秋季大会(長崎大学)において、有機電子移動化学研究会の企画
「S3.有機レドックス化学が拓く新領域」 (プログラム編成 清水 章弘 助教) が開催されました。
特別講演:尾野村 治 教授(長崎大)栄長 泰明 教授(慶應大)忍久保 洋 教授(名古屋大)
招待講演:鈴木 修一 准教授(大阪大)岡田 洋平 助教(東京農工大)
2017/08/31-09/02
嶌越 恒 准教授第30回生物無機化学夏季セミナーにおいて、
講師として、電子移動を利用するビタミンB12触媒システムの開発について講演しました。
2017/06/24
稲木 信介 准教授嶌越 恒 准教授第13回有機電子移動化学若手の会(北海道)において、
講師として、レドックス化学についての講演を行いました。
2017/06/21
第2回連絡会議を札幌 (東横イン札幌駅北口会議室1) で開催しました。
2017/03/16
日本化学会第97春季年会(2017)1日目に、特別企画「サステイナブル・機能レドックス化学」を開催しました。
100名以上の方々にご参加いただきました。どうもありがとうございました。
2017年3月16日(木) S1会場(第4校舎(B棟) J11教室)
09:30- 趣旨説明 (東工大物質理工) 稲木 信介
09:35- 高分子レドックス化学が拓く機能材料創製 (東工大物質理工) 稲木 信介
09:50- 有機レドックス化学が実現するオリゴ糖の液相自動合成 (鳥取大院工) 野上 敏材
10:10- 機能性色素のレドックス制御とオプトエレクトロニクスデバイスへの展開 (広島大工) 大山 陽介
10:30- 有機電解と有機金属の協奏的レドックス化学に基づく分子構築 (岡山大院自然) 光藤 耕一
10:50- 有機レドックス化学に基づく C-H 結合の官能基化 (京大院工) 清水 章弘
11:10- レドックス化学に基づく炭素-炭素結合形成 (阪大院工) 雨夜 徹
11:30- バイオインスパイアード触媒のレドックス特性を活かしたサステイナブル分子変換 (九大院工) 嶌越 恒
11:50- 有機レドックス化学への期待 (京大院工) 吉田 潤一 先生
2017/01/07
第1回連絡会議を岡山大学津島キャンパスで開催しました。
2016/10/26
日本化学会より設置承認されました。

ページの先頭へ戻る